教授・診療科長よりご挨拶

略歴

H5  京都大学医学部卒業

H5  天理よろづ相談所病院 腹部外科

H12 東京大学医科学研究所 研究生

H15 京都大学病院 消化器外科 助手

 

H20 天理よろづ相談所病院 腹部外科

H23 京都大学病院 消化管外科 講師

H28  福岡大学消化器外科 教授

R1 福岡大学病院 副病院長

福岡大学消化器外科のホームページを訪れていただき、ありがとうございます。

 当科では消化器疾患(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、直腸、肛門、肝臓、胆嚢、胆管、膵臓、ヘルニア)に対する外科治療を中心に行っております。中でも特に"消化器がん"の診療に力を入れており、内視鏡治療から手術、抗がん剤治療、免疫治療にいたるまで幅広い治療方法を提示して患者さんの要望に応えられるようにしております。

 教室の特色としては、手術治療として胸腔鏡腹腔鏡また手術支援ロボット(da Vinci)を用いた食道、胃、大腸、直腸のがんなどの治療を積極的に行っております。また抗がん剤放射線治療などを組み合わせた治療によりできるだけ臓器や機能の温存に努めております。肝臓や膵臓などの高難度手術に関しても安全で合併症の少ない手術をモットーにしており、適応があれば腹腔鏡手術も積極的に行っております。胃や大腸の腫瘍を内視鏡(カメラ)で切除する内視鏡的粘膜切除(EMRESD)また、食道アカラシアに対する内視鏡的筋層切開術(POEM)も積極的に行っており全国でも有数の施設となっております。手術以外のがん治療(抗がん剤治療放射線治療)についても大学内の様々な部署と連携して最善の治療方法を提示いたします。

 患者さんとコミュニケーションをとりながら、できるだけ体の負担が少なく、病気の状態や体力に応じた最善の治療方法を選択し、「皆様に納得し喜んでいただける医療」が提供できるよう医師・看護師・スタッフ一同、日々研鑽しております。皆、患者さんに親身なスタッフですので安心して治療を受けていただけると確信しております。

福岡大学消化器外科 教授・診療科長 長谷川傑